写真
撮影 秋山 庄太郎
協力 月刊美術
1949年(昭24) 東京都西多摩郡西多摩村に生まれる。(現 東京都羽村市)
1965年(昭40) 東京都北多摩高等学校入学。洋画家・山田嘉彦(当時美術講師)に美術指導を受ける。
1969年(昭44) 東京芸術大学美術学部工芸科ヴィジュアルデザイン専攻入学。漆芸家 榎木盛・啓の協力により大向高洲堂の工房に初めての漆芸制作を1ヶ月実習する。
1973年(昭48) 東京芸術大学美術学部工芸科ヴィジュアルデザイン専攻卒業。
1975年(昭50) 東京芸術大学大学院美術研究科漆芸講座 田口善國教室に入学。大学院2年次 着任して来た高橋節郎に出会い漆表現の広さを知る。また、漆芸技術全般を大西長利・佐々木英・増田昌弘・増村紀一郎より学ぶ。
1977年(昭52) 東京都芸術大学大学院美術研究科漆芸講座修了 修了制作が東京芸術大学買い上げとなる。修了後研究生として1年間在籍。この年、漆芸家 高橋節郎に師事。第16回日本現代工芸美術展に「冠雪」を初出品、初入選。 第9回日展に「山に抱かれて」を初出品、初入選。
1978年(昭53) 第17回日本現代工芸美術展に「日記」を出品、入選。
1979年(昭54) 第18回日本現代工芸美術展に「蘇生」を出品、現代工芸賞受賞。
1980年(昭55) 第19回日本現代工芸美術展に「華衣」を出品、入選。第12回日展に「華衣」を出品、入選。青山桃林堂にて「並木恒延うるし絵展」開催。(初個展)
1981年(昭56) 第20回日本現代工芸美術展に「カーテン」を出品、現代工芸大賞受賞。現代工芸美術家協会会員に承認される。第7回日仏現代美術展にて「蒔絵・華衣」がアカデミ・デ・ボザール賞受賞。
1982年(昭57) 第21回日本現代工芸美術展に「テント」を出品。第14回日展に「サイコ」を出品、入選。
1983年(昭58) 第22回日本現代工芸美術展に「髪置」を出品。第15回日展に「秋の色」を出品、入選。第9回日仏現代美術展に「包む」を出品、日本側2席受賞。東京セントラル絵画館にて―壁画と器―「漆・並木恒延作品展」開催。
1984年(昭59) 第23回日本現代工芸美術展に「或る日」を出品、会員賞受賞。第16回日展に「夜長」を出品、入選。
1985年(昭60) 第24回日本現代工芸美術展に「包む―V」を出品、NHK会長賞受賞。第17回日展に「蝉しぐれ」出品、入選。象彦東京店にて、「並木恒延 うるし器展」を開催。東京セントラル絵画館にて第2回―壁画と器―「漆・並木恒延作品展」開催。「手の心」日本テレビ放映。
1986年(昭61) 第25回日本現代工芸展に「霜月の頃」を出品。第18回日展に「絹の海」出品、入選。渋谷西武百貨店にて「並木恒延漆腕展」開催。
1987年(昭62) 第26回日本現代工芸美術展審査員「時が澄む」を出品。第19回日展「水の香」出品、特選受賞。
1988年(昭63) 第27回日本現代工芸美術展に「花残し月」を出品。第20回日展 無鑑査「止水」を出品。
1989年(平元) 第28回日本現代工芸美術展に「午後」を出品。第21回日展に「絹の水」を出品。象彦東京展にて「並木恒延 うるしの器展」開催。たましんギャラリーにて―壁画作品と食の器―「並木恒延漆芸展」開催。
1990年(平2)  第29回日本現代工芸美術展に「月あかり」を出品。第22回日展に「絹の風」を出品。象彦東京展にて「並木恒延 うるしの器展」開催。
1991年(平3) 第30回日本現代工芸美術展に「絹の流れに」を出品。第23回日展に「時の流れに」を出品、特選受賞。日本橋三越にて個展「多摩川その辺りから」開催。
象彦東京店にて「並木恒延 うるしの器展」開催。ぎゃらりい おくむらにて「月あかり―並木恒延漆芸展」開催。「美に生きる」テレビ東京放映。
1992年(平4) 第31回日本現代工芸美術展に「花残の夜」を出品。第24回日展 無鑑査 「宵」を出品。有楽町西武 高輪アートサロンにて個展「四季十二ヶ月」開催。
赤坂游ギャラリーにて個展「雪月花」開催。
1993年(平5) 第32回日本現代工芸美術展審査員「たおやかな時」を出品。第25回日展 出品委嘱になり「大潮」を出品。乾ギャラリーにて「並木恒延展」開催。
1994年(平6) 第33回日本現代工芸美術展に「影の山」を出品。第26回日展審査員「春兆」を出品。第1回羽村市芸術家作品展「並木恒延 うるしの世界」(羽村市公民館)日本橋三越にて「水の香 並木恒延漆芸展」開催。ぎゃらりい おくむら 「樹々光彩・並木恒延漆芸展」開催。
1995年(平7) 第34回日本現代工芸美術展に「海と星と」を出品。日展会員に推挙される。第27回日展に「瀑布」を出品。高輪プリンスホテル 西武高輪会にて「四季十二ヶ月 並木恒延 漆芸展」開催。赤坂 ギャラリーにて「並木恒延 武蔵野図展」開催。「美の世界」日本テレビ放映。
1996年(平8) 第35回日本現代工芸美術展に「良夜」を出品。第28回日展に「松の内」を出品。象彦東京展にて「四季それぞれに 並木恒延 漆芸展」開催。ぎゃらりい おくむらにて「漆七彩 並木恒延漆芸展」開催。虹色の光彩―現代日本漆芸展に出品。(ニューヨークジャパンソサイエテイギャラリー/デンバー美術館)日本橋三越にて「白の風景 並木恒延漆芸展」開催。
1997年(平9) 第36回日本現代工芸美術展に「はつはる」を出品。第29回日展審査員「桜時」を出品。赤坂游ギャラリーにて「桜追想 並木恒延新作展」開催。立川高島屋にて「心にとめた四季 並木恒延漆芸展」開催。
1998年(平10) 第37回日本現代工芸美術展審査員「春宵」を出品。第30回日展に「露しぐれ」を出品。象彦東京店において「四季光の中で並木恒延 漆芸展」開催。池袋西武百貨店 西武アート・フォーラムにて「漆で描く光と彩 二十年の軌跡 並木恒延展」開催。
1999年(平11) 第38回日本現代工芸美術展に「晩秋」を出品。第31回日展に「水香る頃」を出品。日本橋三越にて「並木恒延 うるし日記 作品展」開催。高島屋(大阪・横浜)にて「四季移ろいのなかで並木恒延漆芸展」開催。山中湖高村美術館にて自選展「うるし七彩―20年の軌跡」開催。日本の工芸「今」100選展(パリ・三越エトワール美術館)出品。
2000年(平12) 第32回日展に「高天富士」を出展。第39回に本現代工芸美術展に「糸」を出品
21世紀への展望 日本の工芸「今」100選展(国内展 東京・広島・福岡・福島)日蘭交流400周年記念日本現代漆芸展(オランダ/ヤン・ファン・デル・トフト美術館)出品。赤坂游ギャラリーにて「松竹梅 並木恒延漆芸展」個展開催。 
2001年(平13) 3月 銀座和光ホールにて「並木恒延 漆芸展 日本の彩り」個展開催。第40回日本現代工芸美術展に「湖映富士」を出品
2001年(平13) 6月〜9月 箱根 成川美術館にて「うるし七彩」個展開催。
2001年(平13) 11月 第33回日展審査員「映」を出品。福岡三越にて個展。
ギャラリーさくらにて「多摩川物語」個展開催
2002年(平14) 第41回日本現代工芸美術展に「夕照」を出品。
(社)日展 評議員に就任。
第34回日展に「流」を出品。
池袋西武百貨店 西武アートフォーラムにて「スケッチブックより」個展開催。広島三越にて「四季の詩」個展開催。日本橋三越にて「うるし風景画展―雲と旅する」個展開催。
2003年(平15) 第42回日本現代工芸美術展に「あした」を出品、内閣総理大臣賞受賞。
第35回日展に「光」を出品。
象彦にて「四季・彩りの中で」個展開催。銀座和光ホールにて並木恒延漆芸展「みずの国」個展開催。箱根芦ノ湖 成川美術館にて 第2回「うるし七彩」個展開催。(2004年3月15日まで)
2004年(平16) 第43回日本現代工芸美術展に「夕景」を出品。
第36回日展に「多摩川秋風」を出品。
高島屋(横浜・大阪・名古屋)にて「月の情景」並木恒延漆芸展開催。
高輪プリンスホテル 西武そごう高輪会にて個展開催。
2005年(平17) 第44回日本現代工芸美術展に「流音」を出品。
第37回日展審査員「深閑」を出品。
ぎゃらりぃおくむらにてー茶器を中心にー個展。
銀座和光ホールにて個展「山河大海」
2006年(平18) 伊勢の神宮展(福岡市博物館)出品。
漆の美展−スペインー出品。
羽村市生涯学習センター<ゆとろぎ開館記念祝賀祭>記念展
日本橋三越にて個展「憧憬冨士」
伊勢神宮に「麗容」「清澄」を奉納
2006日本・韓国漆芸国際招待展出品。
第38回日展にて「潮の紋」が文部科学大臣賞受賞
大分トキハにて個展。
2007年(平19) 伊勢神宮式年遷宮記念美術館にて特別展「月―歌会始御題によせてー」
出品。
2008年(平20) 銀座和光 並木館並木ホールにて個展「雪月花」
第47回 日本現代工芸美術展審査員
瑞穂町耕心館にて「並木恒延うるし画展」開催
文化庁特別派遣在外研修員としてイタリア留学
2009年(平21) 日本橋三越本店にて個展「漆黒の彩」
第41回 日展審査員
2010年(平22) 伊勢神宮/式年遷宮記念神宮美術館にて特別展「光-歌会始御題によせて-」出品
箱根・芦ノ湖成川美術館にて第3回「うるし七彩」個展
銀座・和光ホールにて個展「しるべ」
2011年(平23) 第50回日本現代工芸美術展 金沢展「雪降りつむ」出品
池袋西武個展「うるし紀行」並木恒延小品展
高輪プリンスホテル・そごう西武高輪会個展
会津漆の芸術祭招待出品
第43回日展「想い」出品
2012年(平24)

伊勢神宮/式年遷宮記念美術館にて特別展「岸―歌会始御題によせてー」
神宮徴古館において並木恒延講演会「うるし絵の可能性」お話と実演
第51回日本現代工芸美術展「深深U」出品
イタリア・フィレンツェ ピッティ宮 白の間において文化庁主催「日本のわざと美−近現代の精華−」展
東京都美術館において公募団体ベストセレクション 美術2012年
明治大学博物館において「URUSHI !―漆Part 2 並木恒延漆絵の世界」
日本橋三越において並木恒延漆芸展「光 彩なす」HIKARI AYANASU
第44回日展「月の浜」出品

2013年(平25) 伊勢/神宮美術館にて神宮美術館開館20周年記念特別展―日本の原風景―「映」招待出品
米フロリダ州森上博物館にて文化庁・外務省・在マイアミ総領事館・森上博物館主催
Exhibition,“Contemporary KOGEI Styles in Japan”「現代日本の工芸展」
羽村市生涯学習センターにて 第1回 伝統文化交流事業inゆとろぎ
並木恒延うるし絵の作品展・講演 羽村市動物公園/干支の入場券デザインと原画展
東京国立近代美術館工芸館にて 寿ぎの「器」  漆工コレクションからギャラリートーク(お話と実演)
第52回 日本現代工芸美術展「道」出品
箱根芦ノ湖成川美術館にて第4回「うるし七彩」並木恒延漆芸展
銀座和光ホールにて 並木恒延漆芸展「−on the Road-」個展
第45回 日展「良夜」出品
奈良 薬師寺 山田法胤管長の蒔絵による肖像画奉納
2014年(平26) 「「静」歌会始御題によせて」出品
第53回日本現代工芸美術展「雪の後」出品
奈良薬師寺(国宝)東院堂にて個展「漆黒に魅せられて」開催
東美アートフェア/銀座ギャラリー長谷川にて個展「漆に光と空気を求めて」開催
改組 新 第1回日展「月出ずる」出品
2015年(平27) 第54回 日本現代工芸美術展「新緑の道」出品
池袋西武百貨店西武アートフォーラム/高輪会「うるし絵日記」個展開催
改組 新 第2回日展「雲が行く」出品
2016年 第55回日本現代工芸美術展「雪の道」出品
箱根芦ノ湖成川美術館にて第5回「うるし七彩」開催
2015年日展作品「月出づる」首相官邸貸出し
第3回改組日展「月昇」出品
日本橋三越本店にて個展「漆で描く光と影」開催
2017年 第56回日本現代工芸美術展「光の向こうに」出品
銀座和光ホールにて個展「時を刻む」開催
第4回改組日展「雲の旅」出品
第20回 岡田茂吉賞展招待出品
2018年 船橋東武百貨店「東美会」個展
第5回改組日展「雨の風景」出品
2019年 第58回 日本現代工芸美術展「月映え」出品
第75回 日本芸術院賞受賞 「月出ずる」
第5回 改組新 日展「清流」出品
日本橋三越個展「古希の節目に」
銀座和光「美の魁け」展
2020年 市川市文化会館にて芸術講座「漆に絵画性を求めて」講演
伊勢神宮式年遷宮記念 神宮美術館にて「望ー歌会始御題によせてー」招待出品」
銀座永井画廊個展 並木恒延ー漆ジャパンー 開催
東京国立博物館 表慶館 工藝2020−自然と美の形ー
             「月出ずる」出品
箱根芦ノ湖成川美術館 「ーうるし七彩ー」
〜2021・3月10日まで
第6回改組日展「降り積む」出品
  *年譜中 敬称は略させていただきました。


ご感想をお聞かせください tsunenobu.namiki@gmail.com
Copyright2001(c) Tsunenobu Namiki all rights reserved.